クラビット ジェネリック

クラビット ジェネリック/クラミジアの治療に抜群の効果

クラビット ジェネリック効果

 

クラビットはクラミジアに代表される性感染症(STD)の治療に使われるほか、咽頭炎(いんとうえん)・喉頭炎(こうとうえん)・扁桃炎(へんとうえん)・気管支炎・肺炎といった呼吸器感染症、中耳炎・副鼻腔炎(ふくびくうえん)といった耳・鼻の感染症などの治療にも使用されています。

 

クラビットは、日本では第一三共が製造・販売しており、商品名はクラビットRと言います。

 

名前の由来は「CRAVE(熱望する、切望する)IT」からCRAVITとし、待ち望まれた薬剤であることを表現したとの事です。
ニューキノロン系の合成抗菌剤で、細菌による感染症の治療に使用される処方せん医薬品です。

 

クラビットには、クラビット錠、クラビット細粒、クラビット錠250mg、クラビット錠500mg、クラビット細粒10%があります。

 

キノロン系の薬は、合成抗菌剤のひとつで、細菌の増殖に必要な蛋白質(たんぱくしつ)の元になる核酸の生成を阻害し、細菌を死滅させる作用があると考えられています。

 

クラミジアに代表される性感染症(STD)の原因となる細菌は、自身のDNAを複製することによって増殖しますが、この増殖の過程を阻害する作用を持つのがクラビットのような抗菌薬です。

 

抗菌薬は何種類かに分類されおり、そのうちクラミジア治療のレボフロキサシンは、細菌のDNA(デオキシリボ核酸)の複製に関わる酵素を抑えてクラミジア菌増殖を阻害することで、殺菌作用を発揮します。

 

クラミジア治療に用いられる「レボフロキサシン」をはじめとするニューキノロン系抗菌薬は、薬剤と菌が接している時間を長くするよりも、菌と接する薬剤の濃度を高くした方が殺菌作用を増強させられる、いわゆる「濃度依存性」の抗菌薬として知られているため、1日1回のクラビット服用で効果的にクラミジアや淋病、尿道炎などを治療します。

 

またレボフロキサシン(クラビット)は比較的副作用が少ないとされているほか、セフェム系やペニシリン系、マクロライド系の抗生物質とは作用機序が異なるため、これらに耐性を示す菌にも有効です。

 

クラビットジェネリックも、このようなクラビットの優れた効果を100%受け継いでいるお薬なんです。

 

細菌による感染症に効果を発揮するクラビットジェネリックの事を次のページから詳しく説明しています。

 

 

クラビット ジェネリック個人輸入

 

クラビットのジェネリックを購入する方法はインターネットの通信販売を利用する方法が一般的です。

 

クラビットジェネリックはインドのシプラ社と言う会社で製造されています。

 

海外から薬を輸入する行為は「個人輸入」というジャンルになります。

 

一般の個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む。)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要があります。

 

ただし、以下の範囲内については特例的に、税関の確認を受けたうえで輸入することができます。

 

当然この場合、輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。

 

ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。

 

●外用剤(毒薬、劇薬及び処方せん薬を除く。)標準サイズで1品目24個以内

 

* 外用剤・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など

 

* 処方せん薬・・・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬。

 

● 毒薬、劇薬又は処方せん薬: 用法用量からみて1ヶ月分以内

 

● 上記以外の医薬品・医薬部外品: 用法用量からみて2ヶ月分以内

 

ただ、個人輸入の知識がない人が書類をそろえたり、手続きをしたりするのはなかなか難しいものがあります。

 

そこで、個人に代わり個人輸入を代行する「個人輸入代行業者」に購入を依頼する事になります。

 

個人輸入で最も注意しなくてはならない事は、偽造品(いわゆるニセモノ)を購入させられていまう事です。

 

 

インターネット上に出回っているed治療薬の55.4%は「ニセモノ」であるという調査結果もあるくらいです。

 

「ニセモノ」を見分けるには、まず値段の安さに惑わされない事です。

 

ジェネリックは安い薬と言うイメージがありますが、最低限のコストはかかるので、とんでもなく安い値段にはならないはずなんですね。

 

ちなみに、このサイトで紹介している業者は「正規品」のみの扱いになりますので、安心して購入することが出来ます。

 

クラミジアなどの細菌の増殖を抑える効果の高いクラビットジェネリックの詳細はこちらからご覧ください

 

クラビット ジェネリック副作用

 

一般的に言われているクラビットの副作用は、のどの渇き、不眠、頭痛、めまい、吐き気・嘔吐(おうと)、食欲不振、腹痛、下痢、アキレス腱炎・腱断裂などの腱障害(痛みや浮腫)、消化不良、口内炎、舌炎、口渇、便秘、腹部膨満感などが現れることがあると言われています。

 

クラビットに限らず抗生物質には副作用が出る可能性を否定できませんが、主症状の改善には多少荒っぽい言い方をすれば、不眠や頭痛ぐらいは仕方ないと考えないと病気を治せません。

 

また、過敏症状(発疹、かゆみなどのアレルギー症状)や日光過敏症がおこることがあります。

 

このような症状がおこったら使用を止め、すぐ医師に相談してください。

 

クラビットによる重大・重篤な症状を伴う副作用は、通常滅多にあるものではありませんが、服用を開始した際の初期症状には、注意が必要です。

 

また、クラビットを使用中は、直射日光に長時間当たらないことが大切です。

 

クラビットは、クラビットの成分またはオフロキサシンに対し過敏症の既往歴のある患者、妊婦・妊娠している可能性のある婦人、小児等には禁忌になっています。

 

さらに、60歳以上の方、ステロイド薬を併用されている方、臓器移植を受けた方は、アキレス腱障害の副作用が出やすいと言われておりますので、ご注意ください。

 

クラビットは、合成抗菌剤で、主に細菌に対して殺菌作用があります。

 

またクラビットは、様々な細菌に対して効果があるのですが、それは反面、非常に強力なお薬だということですから、服用に際しては、医師や薬剤師からの指示に従う様にしてください。

 

クラビット ジェネリック・服用期間

 

クラビットジェネリックなどの抗生剤は、症状が治まれば使用を中止したほうが良いのかどうかという問題があります。

 

抗生剤を10日以上飲むと肝臓に負担がかかるので長期間の服用はやめた方が良いという医師もいます。

 

一方、抗生剤は、症状が治まったからといってすぐ中止してよい薬剤ではなく、原因菌が生き残っている可能性があるので飲み続けた方が良いという医師もいます。

 

病院から処方されるのは5日くらいが一般的のようです。

 

例えば、3日間飲み続けて症状が治まった場合でも、処方された5日間分は飲みきった方が良いようです。

 

また、飲み続けると身体に耐性が出来てしまうため、薬が効かなくなるという事も考えられます。

 

ニューキノロン類は耐性をさける為、ピークを1日何回かに分けると耐性がつきやすいので1日1回でガツンと菌を叩きたい方向で考えられているそうです。

 

ニューキノロン類ということ自体に耐性がつくので、どちらに関しても飲み続ければニューキノロン自体が効かなくなる可能性があるので長期服用は避けた方が無難なようですね。。

 

また連続7日以上の服用もお薦めではなさそうです。

 

性器クラミジアなどでは、クラビットジェネリックを一日一回(500mg1錠)を通常14日間の服用で完治するとされているので、一概に7日以上とも言えない部分もあります。

 

要は、自分の症状に合わせて医師や薬剤師と相談しながら最適な服用期間を決めるのが最も良い方法という事になるんですね。

 

服用期間の事が理解できたらさらにクラビットジェネリックを詳しく知りたい方はこちらからお入りください

 

ホーム RSS購読 サイトマップ